下肢静脈瘤の日帰り手術

下肢静脈瘤になるのはなんで?

下肢静脈瘤のメカニズム

鏡で自分の足の裏を見て、血管が青く浮いていることに気付くかもしれません。他の人からも足の裏の血管がボコボコ浮いているように見えると心配されました。これらは下肢静脈瘤の目に見える症状の例です。報告では40歳以上の女性の10%。妊娠出産経験者の50%が発症すると言われています。下肢静脈瘤の詳しい情報を知っておけば、もし自分に症状が現れても症状を深刻化させないための対策や適切な治療を選ぶことができます。

では下肢静脈瘤とはどのような病気なのでしょうか?足の静脈の血管が、ボコボコとこぶつまり溜(りゅう)のような状態で浮き出てくる、クモの巣や網目状の形で皮膚表面に浮き出てくる疾患です。

どのようなメカニズムで発症するのでしょうか?心臓から送り出された血液は、動脈を通って全身に送り出され、心臓に戻ってくるときは静脈を通って戻ってきます。

心臓の収縮するポンプの力で送り出したり戻したりを繰り返すわけですが、心臓から遠い部位である足の血液が心臓に戻る時には、重力に逆らい心臓に戻らなければなりません。足の静脈血が心臓に戻る時に助けになるのが、足のとくにふくらはぎの筋肉です。筋ポンプ作用と言われているふくらはぎの筋肉の収縮を使って足の静脈血は心臓に戻ります。

立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢、妊娠などで運動できない、加齢による足の筋力の低下などが原因で、ふくらはぎの筋ポンプ作用が低下し、静脈血が心臓に戻れなくなり、下肢静脈溜の原因の一つになります。さらに、静脈血管内には血液が心臓に戻る時に、逆流するのを防止する逆流防止弁がついています。静脈内の血液が戻れなくなり、血管内に血液が溜まると、血管が押し広げられ、逆流防止弁も壊れてしまいます。こうなるとさらに静脈血管内の血液が心臓に戻りにくくなり、血管に内に溜まりやすくなります。

下肢静脈瘤の原因と症状を理解して適切な処置を取るようにしましょう。